会社概要
Company information
事業案内
Business Guidance
TOP | 会社設立のご案内

株式会社フジミック(本社・東京都江東区、社長・澤野正邦、以下 フジミック)、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社・東京都中央区、社長・マーティン・イェッター、以下 日本IBM)、西日本コンピュータ株式会社(本社・福岡県北九州市、社長・西哲郎、以下 西日本コンピュータ)の3社は合弁会社「株式会社フィンズ」を設立し、日本で初めてとなる、放送業界向けのクラウド・コンピューティング環境を構築します。2011年4月から構築を開始し、2012年10月から順次、クラウド・サービスを提供していく予定です。

当初、フジテレビ系列のFNS(Fuji Network System)向けに、加盟23社が共同利用するFNS標準営放システム(注1)、加盟28社を結び共有活用しているニュース速報やアーカイブなどのデータ、及びメール等の情報サービスを、クラウド・サービスで提供する予定です。

新たに構築するクラウド・サービス環境は、その基盤として、IBMのクラウド・サービスである「IBMマネージド・クラウド・コンピューティング・サービス(以下 IBM MCCS)」を活用する予定です。「IBM MCCS」は、日本IBMのデータセンターにおいてCPUやメモリーなどのIT資源を仮想化したうえで、ネットワーク経由で従量課金制にて提供するクラウド・サービスで、業務量の増加に応じて、設定した基本使用量の最大4倍(注2)まで自動的にIT資源を増加することができます。また、「IBM MCCS」は、IBMの堅牢なデータセンター内で、サーバーやストレージを二重化することにより、業務の継続的安定稼働を実現します。

従量課金制のクラウド・サービスを利用することにより、顧客企業は初期投資負担を軽減できることに加え、自前で構築する場合に比べて構築・運用コストを約20%低減できると見込んでいます。

また、放送局向けに必要とされるクラウド・サービスは、稼働率やセキュリティーなど極めて高度な信頼性が要求されるものであり、放送局以外で高信頼性を必要とする一般企業のニーズにも十分にお応えできると考えています。2013年度以降、このクラウド環境を、FNS系列以外の放送局や一般企業各社にも開放しサービスを展開していく予定です。

(注1)FNS標準営放システム:テレビ局の基幹業務である編成・広報から営業・放送関連業務向けのシステム
(注2)4倍は、ベストエフォートの値。MCCS for AIX版については、最大2倍まで自動的にIT資源を追加。

©2011 FINS